電子メモは手書きが便利

2020年5月26日

普段メモを取る時に、紙を使われると思いますが、メモの量が増えると整理が結構面倒ですよね。また、紙は情報漏洩しない為の処理が必要となる事があり、手間がかかると思いませんか?

そんな時、手書き電子メモがあると、さっと書込めて、ボタン一つで完全に消えるのでとっても便利で安全です。でも電子メモって何?と思われるかも知れませんね。

この記事では、電子メモが苦手な方でも、特徴から選び方のコツ迄を判り易くお教えします。それでは、電子メモの特徴からご覧下さい。

電子メモの特徴



出典)楽天ビック

電子メモの特徴
  1. メモが直接電子データ化される。
  2. パソコン等に比べすぐ使える。
  3. 情報セキュリティ面で安全・便利。
  4. データ保存等の付加機能がある。(一部の機種)

電子メモは、電子メモ帳、電子ノート等とも呼ばれ、液晶パネルにペンで手書きする電子機器です。

書込みと消去が何度もできる為、紙に比べてエコな製品で、情報の漏洩防止にもうって付けです。またタブレット端末に比べ、比較的安価に購入できるのも魅力です。

またペンの書き心地を考えた設計の為、一般的なタブレット端末等より書きやすいのです。それでは、電子メモの特徴を見ていきましょう。

メモが直接電子データ化される

ノート等の紙でメモをとると、メモを電子データ化する場合は、メモを見ながらパソコン等で入力し直すので面倒ですよね。

その点電子メモなら、メモが直接電子データ化されるので再入力の手間が掛からず、とても便利です。

えいさんえいさん

電子メモにはデータが保存できるorできないタイプがあります。

パソコン等に比べすぐ使える

電子機器でメモをとるなら、パソコンやタブレットでも出来ますが、本体の起動やアプリの立上げに時間がかかり、すぐに使えません。

電子メモなら、書きたい時にサッと書けます。このメリットはとても大きいですよ

情報セキュリティ面で安全・便利

書き込んだメモが、ボタン一つで完全にすぐ消せる為、情報セキュリティ面で安全且つ便利です。紙なら、面倒なシュレッダーを掛けたりして労力が掛かりますよね。

明日香明日香

コールセンターは、個人情報のメモが多いから便利ね。電子メモなら、サッと消せるし。

データ保存等の付加機能がある(一部の機種)

一部の機種には、データ保存やカレンダー、時計、アラーム等の機能が有ります。

特にデータ保存+データ転送機能があると、メモが増えた場合は、パソコンやタブレット等とデータのやり取りが出来きて、データ整理やクラウドサーバーへ保存等の発展性があります。

それでは次に、電子メモの選び方について解説致します。

電子メモの選び方

電子メモの選び方
  1. 使う用途(必要な機能)
  2. パネルの見え方
  3. 電源の方式

電子メモが初めての方でも判り易い様に、3つの選び方をお教えします。

使う用途

電子メモは大きく分けて2つのタイプに分類されます。

「簡易(書き込みと消去のみ)」タイプと、「多機能(保存、カレンダー等)」タイプです。一般的に、簡易タイプは、お値段が安いメリットが有ります。また多機能タイプは、書き込みデータを多く保存できる等の拡張性や便利機能が有ります。

データが保存できると、手書きの文字データは、テキスト形式に変換するソフトを使えば、パソコン等でテキストデータ化が可能です。

勉

コスパで選ぶなら簡易タイプ、ビジネスにも使うなら多機能タイプがおすすめです

パネルの見え方を確認する

表示する液晶パネルは、実物とカタログの写真とで、見え方が違う場合が有ります。カタログを見る限り、鮮明な表示と思っていたら、実際は使う場所や見る距離によって、見え難かったりもします。

特にE-ink社の液晶パネルは、コントラストがはっきりして見やすい為、電子ノートとして他社でも多く採用されています。この記事では、表示パネルの見え方も評価していますので、是非参考にして下さいね。

電源の方式を確認する

キングジム社のBoogie Board BB-1GXで使われている液晶パネルは、書き込んだ文字等はそのまま残り、消去する時に電源を必要とする方式です。一般的に簡易タイプの電子メモは、僅かな電力しか消費しない為、ボタン電池等が使われています。

一方、キングジム社のカクミルの様な多機能タイプの電子メモは、データ処理(保存)等を行い、簡易タイプより電力を多く必要とします。この為、USB充電(5V)や、単3型電池等を使用しています。

使用頻度が少ない(週に1回以下)場合は、電源の方式を気にする必要は有りません。もし使用頻度が高い場合は、電池が交換又は充電できるタイプを選びましょう。

それでは、おすすめの手書き電子メモついて、詳しくご紹介します。

キングジム Boogie Board BB-1GX



出典)ECカレント・楽天

特徴:書きたい時にサッと書けるシンプルモデル

Boogie Board(ブギーボード)とは、米国Kent Displays社からKING JIMが輸入販売している電子メモパッドです。本製品は、8.5インチの液晶パネルで、薄く(厚さ3.2mm)、軽量(110g)な為、持ち運びに便利です。

電源のON/OFFは不要な為、書きたい時にスタイラスペンでサッと書けます。これは便利ですね。書いた文字等の消去は、ワンタッチボタンで、5万回迄可能です。(全てを一括消去、電池交換は不可)

書き込みと消去しかできませんが、お手頃価格な為、他に機能が不要な方には、これで十分でしょう。また別売りで、収納ポーチ(BBA-1N)が有ります。

使用感

書き心地は、思ったより滑らかに書けました。液晶パネルの表面が、ペンの滑りとうまくバランスされている様です。またペンに加える筆圧で、太さが変わります。但し、ボールペン程の細い字や、小さい字は書けない(書き難い)でした。

書く速度の追従性は良く、サッと早く書いても、しっかり追従(表示)します。表示は緑色系の明るい色で、ある程度大きめの文字でないと、目え難い様です。

外観の高級感は無いですが、軽い為、メモやお絵描き等、気軽に使うには持ってこいと思いました。

お勧めの用途
  • 掲示板(家や仕事場等)
  • 子供のお絵描き
  • コールセンター
  • コミュニケーション用(外人、介護者等)

本体のカラーは、次の3色(ブラック、ブルー、ピンク)から選べます。

主な仕様

本体サイズ (H)222×(W)141 ×(D)3.2 mm
画面サイズ 8.5インチLCD  182×125(mm)
重量 110g
液晶方式 コレステリック液晶(表示、書込み)
電源 電池交換不可
消去回数 5万回
本体カラー ピンク、ブルー、ブラック
アクセサリー(別売) 収納ポーチ:BBA-1N
公式サイト KING JIM BB1GX

キングジム カクミル EM10



出典:楽天ビック

特徴:5つの機能を備え、多くのメモが保存できる

5つの機能{メモ/ToDo/カレンダー/時計/電卓}を備えた、コンパクトな電子メモパッドです。液晶パネルのサイズは、4.3インチと小さいですが、E-ink社の見やすい液晶パネルを採用しています。

特記すべき点は、書き込んだメモの保存(最大99枚)と読み込みができる事です。書き込んだメモ(データ)は、ビットマップ形式で、microSDHCカードに書き出せます。また、書き出したメモ(データ)は、microSDHCカードから取り込む事も可能です。

時計にはアラーム機能も付いており、設定時間になれば音と画面でお知らせします。またスタイラスペンは、使わない時は本体横へ磁石でピタッと固定できて便利です。電源は、単3型電池を4本を使用します。充電式の電池(eneloop推奨)も使える為、使用頻度が高い場合は、充電池を使う方が良いでしょう。

使用感

書き心地は良いと思います。書いた文字もはっきり表示されます。ちょっと残念なところは、書き込んだ文字が一瞬遅れて表示されるので、早く書く人は気になるかもしれません。

部分消しはペンで出来ますが、うっすらと残る感じです。この為、完全に消去したい場合は、ページ毎削除をする事になります。とは言え、多機能でメモの保存・取り込みができるので、使い方(出張等)によっては、大変便利な電子メモと言えるでしょう。

お勧めの用途
  • 掲示板(卓上、電話機の横等)
  • 外出時のメモ(出張先、ホテル等)
  • コールセンター

本体のカラーは、次の2色{クロ(STONE GRAY)、シロ(SKY GRAY)}から選べます。

主な仕様

本体サイズ (H)132×(W)93 ×(D)41 mm
画面サイズ 4.3インチ  56.2×93.65(mm)
重量 200g(電池含まず)
液晶方式 電気泳動式(表示)、抵抗膜方式(書込み)
電源 単3*4本(充電池も可=eneloop推奨)
本体カラー ストーングレー、スカイグレー
公式サイト KING JIM カクミル

 

おすすめの電子メモ 一覧

本記事でご紹介した製品以外の、おすすめの電子メモを一覧でご紹介致します。実際にテストしてみて、使い勝手が良かったものです。

簡易タイプ

簡易タイプは、子供のお絵描き、家の掲示板、コールセンター、コミュニケーション(外国人等)の用途に最適です。安い物では、数百円(某100均ショップで販売)の製品も有ります。


オーム電機 OHM ELECTRIC JIM-H4K 電子メモパッド 4.5インチ
低価格な電子メモ。家の掲示板等に気軽にお使い頂けます。但し、デザインはお値段相応です。

キングジム KING JIM BB-13 電子メモパッド ブギーボード(boogie board) 黒
半透明の液晶を使った新モデル。方眼・罫線が入ったテンプレートシートが付属しています。

キングジム 電子メモパッド ブギーボードJOT8.5 ピンク BB-7Nヒン
スタイリッシュなデザインで、見やすい液晶表示です。色は、クロ、アオ、ピンクの3色です。別売で収納ケースも有ります。

多機能タイプ

多機能タイプは、打合せやセミナー等のメモ、出張時のメモ、手帳メモのビジネス用途に最適です。値段はやや高めですが、ずっと使い続けたい方は、こちらをお勧めします。


シャープ 電子ノート WGPN1
電子手帳の定番。スケジュール管理、ノート、ToDoの3つの機能を搭載。パソコンへ画像の書き出しが出来ます。

ソニー デジタルペーパー (A5 サイズ) DPT-CP1 [国内正規品]
紙の書き心地の様な電子メモです。薄型軽量な為、持ち運びが楽ちん。Wi-fiやBluetoothに対応。スマートフォンと連携できます。

iPad mini Wi-Fi 64GB – シルバー (最新モデル)
ご存知apple_ipadのmini(第5世代)。手書き入力とタイプ入力に加え、音声のテキスト変換迄できます。重量も約300gと軽量です。
Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellular モデルが有ります。愛用していますが、これは本当に良いタブレットです。

 

<ちょっと寄り道> 偉大な発明家は、実はメモ魔だった

誰もが知っている偉大な発明家には、メモを大量にとっていた「メモ魔」がいます。
レオナルド・ダ・ヴィンチは、イタリアの天才発明家(建築、軍事、土木等)ですが、生涯で膨大な量のアイデアのメモをとっていたそうです。

またアメリカの発明王、トーマス・エジソンもメモを紙に大量にとっていた事で知られており、生涯で300万枚とも言われています。メモの内容は、発明に関する事以外に、日常生活の事迄、何でもとっていたそうです。

現代は忙しくて、ここまでメモは取れないかも知れません。しかし、メモをよく取ることは、いろんなアイデアが蓄積され検討できて、良い結果をもたらすかも知れませんね。

おわりに

如何でしたか。近年は、電子書籍の普及が拡大傾向にあり、それに伴い、液晶の表示技術が年々向上しています。今回ご紹介した電子メモは、バックライトが無い為、見やすい上に目に優しい特徴も兼ね備えています。

また電子メモは、書き心地を考えた設計が基本なので、書き込んだ感触が紙の様に滑らかです。まだ使った事がない方は、お試しでも結構ですので、お使い頂くと、その便利さがお判りになられると思います。

最後までお読み頂き有難う御座います。