壁の下地探し

2020/7/3

に簡単な手すりや、カーテンレールを付けたい等の取付けをしたい時、壁の裏の柱は見えないので、どうやって下地探しをしたら良いか判りませんよね。

また、既に下地探知器具(又は壁裏探知器)をお持ちの方でも、上手く柱が探せられないので良い製品や方法をお探しかと思います。

この記事では、こんなお悩みの方に、下地を探す方法と、おすすめの探知器具10機種をご紹介致します。下地が判らない方でも、ご安心下さい。更に電子式の下地探知器の仕組みも解説しました。

それでは、ご覧下さい。

壁の下地探しの方法

壁の画像

壁の下地工法

主な壁の下地工法
  1. 木造壁の下地工法:下地は木材の柱、主な建物・・木造家屋(マンション・鉄筋コンクリート住宅でも使われる事がある)
  2. 軽鉄壁下地工法(LGS工法):下地は金属の柱、主な建物・・工場、鉄骨住宅、鉄筋コンクリート住宅、マンション
  3. GL工法:下地はコンクリート壁(内装は石膏ボードを接着)、主な建物・・鉄骨住宅、鉄筋コンクリート住宅、マンション

壁の下地はどうなっているかご存じですか?既にご存じの方は、ここを飛ばして頂いても結構です。

下地を理解する為に、最初に壁の下地工法について簡単に説明致します。壁の下地(間柱)の素材は、下地工法によって異なります。(上表をご覧下さい)

壁に何かを取付ける場合、下地が木材(木造壁の下地工法)ならば、間柱が見つかると木ネジで取付けが可能です。もし、それ以外の下地(金属やコンクリート)ならば、専門の業者に取付けを依頼した方が良いでしょう。

また、壁の内側には、電源の電線等が有る為、柱の位置を探知するだけでは危険な場合が有ります。これは注意が必要ですね。

明日香明日香

次に、下地探しの3つの方法をご紹介します。

下地探しの方法

下地探しの方法
  1. 針式:利点・・素材の位置が確実に判る、費用が安い/ 難点・・壁に針の跡が付く、刺す位置の推定が難しい、コンクリート等には使えない
  2. 磁石式:利点・・壁に傷を付けずに探索できる/ 難点・・磁石で付かない素材は判別出来ない、下地の正確な位置が判り難く針を使う事がある
  3. 電子式(センサー式):利点・・壁に傷を付けずに探索できる/ 難点・・下地の正確な位置が判り難く針を使う事がある

道具を使って下地を探す方法は、一般的に3つの方法が有ります。上表を参考に、探知方法を選びましょう。

針式は、壁を何回か叩く等して柱の位置を推定し、その推定位置に針を刺して柱の位置を特定する方法です。
上手くやれば、安い費用で柱の位置が確実に判りますが、壁に針の跡が付く上に、針を刺す位置の推定が難しい様(経験が必要)です。

磁石式は、壁の石膏ボードを止めるビス(金属)を、強力な磁石で探知して下地を探す方法です。
壁に傷を付けずに探索ができますが、磁石で付かない素材(木材等)は判別出来ない事や、下地の正確な位置が判り難い為、針も使う事が有ります。

電子式は、センサー式と呼ぶ事が多い様ですが、2つの電極を使って静電容量の違いを計測して、下地を探す方法です。
良い点は、壁に傷を付けずに探索ができる上に、素材の種類が判別できたり、電線を避ける事も可能です。難点は、下地の正確な位置が判り難い(又は判らない)為、針も使う事が有ります。

それでは、下地の探知器具について、詳しく見ていきましょう。

下地探知機(電子式)おすすめの8選

電子式の下地探知機は、他の探知方法に比べ優れた点が多い為、壁の下地探知器具として最も広く使われています。

コンクリート内の金属探知や、下地の種類(金属、木材等)が判別出来る点は、他の探知方法では殆ど出来ません。また針式に比べ、壁に傷を付けないで探査できる点もメリットです。

しかし、市販の機種は多くて、一体どれを選べば良いか迷いませんか? また、本当に探知出来るのか判り難いですよね。

そこで徹底調査を行い、8機種を厳選しました。使い易さや機能・性能面で、初めて使う方から業務用にも使える順に並べて有ります。

確実に下地の位置を確認したい場合は、高性能な機種(ここでは、BOSCHの2機種)以外は、針と組み合わせて確認した方が良いでしょう。

ミスターエポックミスターエポック

各製品の使い方は、動画をご覧下さい

シンワ測定 78575(Basic)


引用先:Youtube)Shinwasokutei

特徴

シンワ測定株式会社は、その名のとうり、数多くの測定器具を製造販売をする日本のメーカーです。本機は、同社の下地センサーの中でも、基本的な機能を備えた製品です。

探知可能な素材は、3種類(金属、木材、プラスチック)で、探知されるとランプとブザーでお知らせします。本機と針式検知器具を組み合わせて使うと、コスパ抜群の正確な下地探索が出来ます。

操作は簡単ですので、下地センサーが初めての方にお勧めしたい製品です。 上の動画では、本機と針式検知器具「どこ太smart」の2つを使った、下地探索方法を紹介しています。

主な仕様

最大探知深度 金属:19mm、木材:19mm、プラスチック:19mm
電源 006P_9V
機能
公式サイト シンワ測定 78575(Basic)


パナソニック EZ3802


引用先:Youtube)Panasonic

特徴

大手電気メーカー、パナソニックの電動工具の一つです。

電池寿命が長い事(毎日15ケ所測定で、約1年使用)が特徴で、容量はランプで確認できます。探知可能な素材は、3種類(金属、木材、プラスチック)とシンプルで、探知するとランプとブザーでお知らせします。

このクラスの探知機は、柱の中心位置を探すのに、何回かマーキングが必要です。使い方は、上の動画をご覧下さい。

上級機の様に多機能では有りませんが、品質やデザインで選ぶなら本機をおすすめしたいです。

主な仕様

最大探知深度 金属:50mm、木材:25mm、プラスチック:13mm
電源:使用時間 単3×2:約1年(毎日15ケ所使用時)
機能
公式サイト パナソニック)EZ3802


STS WBS-8652



出典:工具ランド・楽天市場

特徴

STS株式会社(エス・ティ・エス)は、測量・測定機器・レーザー機器等の製造販売をする日本のメーカーです。

綺麗な液晶と、カッコイイデザインが特徴ですね。本機は簡単操作を考えた製品で、面倒な探知素材の切換えは有りません。

探知可能な素材は、4種類(金属、非鉄金属、通電線、木材)で、素材の探知位置(中央)や、探知深度が液晶表示されます。最大探知深度は、金属は80mmと深いですが、木材は20mm迄です。

また、ソフトケースが付属されています。本機は、特に金属類を探知したい方に向いた製品でしょう。

主な仕様

最大探知深度 金属:80mm、非鉄金属:60mm、通電線:50mm、木材:20mm
電源:連続使用時間 006P_9V:6h
機能 自動電源オフ
公式サイト STS)WBS-8652


山真製鋸 RP-SS(リアルプロ)


引用先:Youtube)YAMASHINSEIKYO

特徴

山真製鋸株式会社(やましんせいきょ)は、電動工具等を製造販売をするメーカーです。本機の外観は、一見アイロンにも見える様なユニークな形です。

特徴は、探知素材(木材の柱等)の位置以外に、幅や間隔がLEDランプとブザーで、視覚的にすぐ判る様に工夫されています。本体の裏にローラーがあるので、並行に移動し易いですね。

探知可能な素材は、4種類(金属、非鉄金属、通電線、木材)で、素材探知モードの切替え(木材と金属の2種類)が可能です。壁裏の素材を、素早く確認したい方におすすめの製品です。

上の使い方のデモ動画では、横に多数並んだLEDランプで表示されて、柱の幅等が判り易いですね。

主な仕様

最大探知深度 金属:38mm、非鉄金属:20mm、通電線:40mm、木材:38mm
電源:連続使用時間 単3×2:6h
機能 素材探知モード切替え(2種類)、電線警告
公式サイト 山真製鋸 RP-SS


シンワ測定 78578(HG センタービジョン)


引用先:Youtube)Shinwasokutei

特徴

黄色の本体に黒色のグリップのデザインは、本格的な工具の感じです。本機には特徴が2つ有り、壁の探知深度(感度)を2段階に設定できる事と、柱の中心を容易に探知できる事です。

探知可能な素材は、4種類(金属・電線・木材・プラスチック)で、探知されると表示とブザーでお知らせします。中心位置が簡単に判るので、気軽に使いたい方におすすめしたい製品です。

上の実力をテストした動画をご覧下さい。(本機は、40秒頃から紹介されています)

主な仕様

最大探知深度 金属・電線・木材・プラスチック:19mm(通常モード)、25mm(深モード)
電源:連続使用時間 006P_9V
機能 探知深度切替え(2段階)、電線警告
公式サイト シンワ測定 78578


シンワ測定 78657(EX)



出典:あきばお〜楽天市場

特徴

本機は、同社の78578(HG センタービジョン)より、更に詳しく探知設定ができる事が特徴です。

素材探知モードの切替え(木材と金属の2種類)が可能で、木材とプラスチックでは、探知深度(感度)が2段階に設定できます。

探知可能な素材は、4種類(金属・電線・木材・プラスチック)で、探知されるとランプとブザーでお知らせします。詳しく素材を探知される方におすすめしたい製品です。

主な仕様

最大探知深度 金属:40mm、通電線:20mm、木材及びプラスチック:19mm(通常モード)、25mm(深モード)
電源:連続使用時間 006P_9V
機能 素材探知モード切替え(2種類)、探知深度切替え(木材及びプラスチック2段階)、電線警告
公式サイト シンワ測定 78657


BOSCH(ボッシュ) GMS120(Professional)



出典:TSZショップ楽天市場

特徴

BOSCH(ロバート・ボッシュ)は、ドイツの自動車部品・電動工具のメーカーで、日本ではボッシュ株式会社(日本法人)が販売しています。

本機は、電動工具を手がけている老舗メーカーらしく、ラバーグリップやボタンの配置等、完成度が高い印象です。機能面も豊富で、自動校正、素材探知モード切替え(3種類対応)、自動電源オフの3つの機能が有ります。

探知可能な素材は、4種類(金属、非鉄金属、通電線、木材)で、探知されると表示とシグナル音で知らせます。金属の探知深度が、120mmとなかり深い所まで探知可能です。但し、クイックで使いたい時に、探知モードを切り替える事が煩わしいかなと思います。

バックライト付きの液晶表示な為、暗所の作業にも使えます。これは便利ですね。また、付属にキャリングバッグとハンドストラップが付属されています。一般家屋の下地を正確に探知したいなら、本機をおすすめします。

主な仕様

最大探知深度 金属:120mm、非鉄金属:80mm、通電線:50mm、木材:38mm
電源:連続使用時間 006P_9V:5h
機能 自動校正、素材探知モード切替え(3種類)、自動電源オフ
公式サイト BOSCH)GMS 120


BOSCH(ボッシュ) D-tect 150 CNT


引用先:Youtube)Bosch Power Tools Japan

特徴

本機は、コンクリート内の鉄筋の位置を正確に探知する事が出来る、非常に高度な下地センサーです。探知素材の位置に加え、素材の種類や、深さをミリ単位で表示してくれます。

探知可能な素材は、5種類(金属、非鉄金属、通電線、木材、プラスチック)と、大半の素材をカバーしています。更に、最大探知深度は150mmと、かなり深い所まで探知可能です。

また、素材探知モードは、コンクリートモード(最大探知深さ8cmと15cm)、石膏ボードモード、金属モード等、合計6種類も細かく設定できます。まさに、業務用に使える下地センサーと言えるでしょう。

他の機種に比べ高額で、使いこなしに時間が掛かりそうな製品ですが、高度な探知目的で使う方には是非おすすめしたい製品です。

上の使い方を示した動画をご覧下さい。

主な仕様

最大探知深度 金属・非鉄金属・通電線・木材・プラスチック:150mm
電源:連続使用時間 単3×4:5h(アルカリ)、7h(ニッケル水素)
機能 素材探知モード切替え(6種類+全感知、計7種類)、自動電源オフ
公式サイト BOSCH)D-tect 150


下地探知機(針式、磁石式)おすすめの2選

針で壁の下地(間柱)の位置を調べるだけなら、事務用の長めのピンでも使えると考えた事が有りませんか?

そこで実際にピンでやってみると、針が曲がったり、指に大きな負担が掛かったりして、上手くいかない事に気ずかれたと思います。また力を入れすぎて、指が痛くなる事も有りますよね。

ここでご紹介する針式の下地探知機なら、日曜大工が不慣れな方でも安心してお使い頂けます。では、見ていきましょう。

シンワ測定 79025(どこ太 Basic 35mm マグネット付)


引用先:Youtube)Shinwasokutei

特徴

針式の下地探し器具では、シンワ測定が豊富な種類で、最も推奨したいメーカーです。

本製品は、壁が石膏ボードの下地探し用で、マグネット(磁石)も付いた1台2役の下地探し器具です。これは便利ですね。針が差し込める範囲は、壁厚が35mm迄で、磁石の探知範囲は、壁厚が13mm迄です。

壁に針を差し込むと、差し込んだ深さがミリ単位の目盛りで判るので、間柱に取付ける時にネジの長さが決められます。また磁石が感知すると、「カチッ」と音がするので、そこが石膏ボードのビスの位置だと判ります。

またこのBasicシリーズには、壁厚が25mm迄のタイプ(79023)と、壁厚が45mm迄のタイプ(79026)も有りますので、壁の厚さに適した機種を選べます。

使い方は、上の動画をご覧下さい。

主な仕様

測定最大壁厚 35mm
公式サイト シンワ測定 79025


シンワ測定 78992(どこ太 Pro 35mm マグネット付)


出典:家電の安値屋本舗・楽天市場

特徴

本製品は、同社の79025(どこ太 Basic 35mm マグネット付)を、業務でも使える様に、耐久性が強化された製品です。

79025との主な違いは2点有り、握り部分が、滑りにくいエラストマーグリップを採用した事と、針曲りを防止するステンレスガイドが内蔵された事です。

またこのProシリーズにも、壁厚が25mm迄のタイプ(78990)と、壁厚が45mm迄のタイプ(78993)も有りますので、壁の厚さに適した機種を選べます。

主な仕様

測定最大壁厚 35mm
公式サイト シンワ測定 78992



<ご参考> 壁に穴を開けて中を覗きたい時に便利な、LEDのヘッドライトをご紹介します。12000ルーメンと超強力タイプで、手の動きでON/OFFが出来ます。


ZHENWEI LEDヘッドライト usb充電式 12000ルーメン センサー 電気出力 電量ディスプレイ可能 4モード

下地探知機(電子式)の仕組み

電子式探知機の仕組み

画像引用元:シンワ測定株式会社

電子式の下地探知機って、どんな仕組みで壁裏の柱を感知しているのか、御存じでしょうか?

判り辛いかも知れませんが、簡単に言うと、2つの電極を設置し、その電極間の静電容量の変化で柱であるか検知しています。(だから、壁を横にスライドさせる必要があるのですね)

また、上図右下の「湿気について」では、壁材に湿気が多い場合、正確に探知できない事が書かれています。ここは、注意点ですね。

まとめ

最後までお読み頂き有難う御座います。

最近の下地探査機には、電波で壁の内部を探知して、スマートホンでその状態を見る事が出来るハイテクなものが有ります。今後、この様なレントゲンみたいに画像で内部が確認できる探知器が普及するかも知れません。

この記事が、皆様のお役に立てたら幸いです。